社長になった元彼

大学時代、数ヶ月だけお付き合いした彼がいました。とにかく頭が良く、起業して社長になるが口癖の彼。最初はその頭脳明晰な部分に惹かれたのですが、付き合っていくうちに全てが打算的な考えに思え、好きだった部分がだんだんと嫌になっていきました。わからないことを聞いても「わからなかったらまずは調べようと思わないの?」。約束の時間になっても来ないので何かあったのではと連絡すると「普段会えない友達と偶然会ったから食事していた。(私とは)いつでも会えるし」。こんなわがままは日常茶飯事でした。

 

こちらから振ったのですが「社長にはなれても、あなたみたいなワガママな人についていく社員はいない」といった旨のことを伝えました。別れてからというもの、学内で会ってもお互い知らん顔。学生起業家として活躍している話も聞きましたが、もう過去の話でどうでも良かったのですが、卒業を控えたある日、バイト先にやってきました。

 

「卒業前に一緒に食事しない?」何を今更と思いましたが、プライドの高い彼らしくないなと珍しさの方が先に立ち、食事した時に言われたことは「あの時怒ってくれてありがとう。でないと社長にはなれなかったよ」と。もちろん何の進展もありませんでしたが、不思議なことに20年近く経ったころ、遠く離れた土地にて偶然の再会。わかるものなんだなぁと驚きました。